お金がなくても大丈夫!初乗り運賃140円で旅気分を味わえる大回り乗車

私は乗り物に乗るのが好きです!

移りゆく景色を眺めながら、お気に入りの音楽を聞いて、温かいミルクティーを飲んで…。

このゆえない至福の時です。ですが、乗り物に乗るためには、目的地がないと乗りませんよね…。

ただ乗り物に乗りたい!そんな時どうすれば…。そういう時に『大回り乗車』です。

お金がないけど時間はある。そんなときも、初乗り運賃で旅気分を味わえますよ♪

大回り乗車とは

普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。途中下車はできません。

この特例を使うことによって、大回りで乗車しても初乗り運賃で乗車できるわけです。

今回の大回り乗車ルート

大回り乗車のルート

川越駅→南古谷駅まで、大回り乗車をします。

一筆書きに乗車することによって、長距離間乗っているにも関わらず、140円です。

そして改札降りてから、再び南古谷駅→川越駅間を乗るので合計280円かかります。

ボックスシートに座ると非日常感アップ!

ワンマン電車のボックスシート
ワンマン電車

ボックスシートに座るとワクワクしませんか?なんでしょ…いっきに旅感がでる感じ(笑)

八高線はボックスシートなので、好きです!そして、いまどき珍しいワンマン電車です。

旅のおともに、ミルクティーを買いました。

いつもと違う景色を味わう

車窓からの景色を眺める。どんどん山が近くなる。

数時間後には、またいつもの駅に戻るけど、旅をしているような気分。

小川町駅のホーム

日常から切り離され、頭がクリアになっていく感じ。

いつも聞いている音楽も聞く場所が違うだけで、なんだか新鮮で心にしみる…。

キセルにならないように注意!

大回りして最初の駅に戻る場合、一つ手前の駅で改札を出てから、再び改札に入り最初の駅に戻る必要があります。

改札を出ると出ないのでは大変大きな違いです!面倒でも一つ手前の駅で降り、改札を出ましょう。そうすると、大回りしたのに、上記の特例がきいて一駅分の140円だけが精算されます。

280円で旅にいった気分になれる…かも?

初乗り運賃140円の往復分280円※で、長距離の旅ができちゃいます。

旅といっても電車にただ乗るだけで、観光名所にはいけませんが(笑)

※実際はICカードで行ったので、288円かかりました。切符料金では280円です。

あと、今回は行きませんでしたが、ホーム内の立ち食いそばとかで、ご飯を食べることもできます!電車のタイミングが合えばの話ですが…本数が少ない区間だと我慢するしかないけれど。。

お金がないけど、どこか行きたい気分♪

そんなときに、大回り乗車おすすめです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です