【搭乗記】ルフトハンザ航空 エコノミークラスの機内食とアメニティについてレビュー

パリに向かうにあたり「ルフトハンザ航空」の エコノミークラスを利用しました。
旅程としては、まず関西国際空港からフランクフルト空港に向かい、そこから乗換をしてパリに到着という流れです。
どちらもルフトハンザ航空を利用しました。

ルフトハンザ航空についてレビューしていきます。

スポンサーリンク

関西国際空港からルフトハンザ航空に乗る

関西国際空港は晴れで視界良好!
絶好のフライト日和でした。
空港に来るだけでもワクワクしてしまいます。

関西国際空港

私が搭乗するルフトハンザの飛行機が見えてきました。
ルフトハンザ航空の航空機

10時15分の便に乗ります。
搭乗時間までしばし待ちます。

関西国際空港のロビー

ルフトハンザ航空のアメニティと機内食

搭乗しました!
窓から関西国際空港を眺めます。
これから空旅の始まりです。

ルフトハンザ航空の航空機の窓からの眺め

エコノミークラスのアメニティ

エコノミークラスのアメニティです。
ピローとブランケット、ヘッドホン(貸出)でした。あと、水色のは靴下だったかと思います。

アイマスクやスリッパ、耳栓は用意されていないので、必要な人は持参する必要があります。

ルフトハンザ航空のエコノミークラスのアメニティ

離陸しました!
離陸の時はなぜか眠くなり、うとうとしていたらいつの間にか空へ旅立っていました。

ルフトハンザ航空の航空機の窓からの眺め

昼食の機内食メニュー

お昼ご飯の機内食です。
チキンをオーダーしました。
チキンとポテトのトマト煮とお蕎麦、サラダ、パン、フルーツの持ち合わせといったメニューでした。

ポテトのトマト煮にお蕎麦が不思議な組み合わせでしたが、ちゃんとネギとわさびも添えられていて、あっさりいただけました。
どうしても機内食は炭水化物が多くなりがちですが、サラダとフルーツもあり栄養バランス的にも良かったと思います。
もちろんどれも美味しかったです!

ルフトハンザ航空の昼食の機内食メニュー

夕食の機内食メニュー

夕食はビーフをオーダーしました。
ハッシュドビーフと卵、パン、アップルパイといったメニューでした。
ちょっと重たいけど、美味しい!

アップルパイも甘すぎずちょうど良く美味しかったです。
夕食を食べ終わるくらいにドリンクサービスが来るので、それまでアップルパイを残しておいてミルクティーと一緒にいただきました。

ルフトハンザ航空の夕食の機内食メニュー

フランクフルト空港に到着しました。

フランクフルト空港

スポンサーリンク

フランクフルト空港で乗り換えて短時間フライト

フランクフルト空港からパリのシャルルドゴール空港まで約1時間のフライトです。
これもルフトハンザ航空を利用しました。

ルフトハンザ航空の窓からの眺め

短時間なのでドリンクサービスだけかと期待していなかったのですが、美味しいケーキもついてきました。
コーヒーと合う!
嬉しいサービスでした。

ルフトハンザ航空の短時間フライトでもドリンクとケーキがつく

そうこうしているうちに、パリに到着。

ルフトハンザ航空の窓からの眺め

シャルルドゴール空港に無事に到着しました!シャルルドゴール空港

ルフトハンザ航空についてのレビュー

機内はとても清潔で、エンターテインメントも充実していました。
そして、機内食も日本人好みの味で美味しかったです。
遅延もなくとても安心して利用することができました。
また利用したいと思うほど、全体的に質が高かったです。

スポンサーリンク

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA