【搭乗記】エミレーツ航空のエコノミーに乗って羽田からロンドンへ。質の高い機内食やドバイ空港のトランジットについて

エミレーツ航空を使って、羽田からロンドンに向かいました。
なぜ、数ある航空会社からエミレーツを選んだか?
最初は、CAさんのお洒落な制服に魅了されたからです(笑)

でも、実際に乗ってみたらエミレーツ航空の「質の高さ」に気づきました!

スポンサーリンク

エミレーツ航空の機内

エンターテイメント

映画や音楽、ゲームなど豊富にありあきませんでした。

また充電できるソケットもありました。
ソケットはイギリスで使われている「BFタイプ」でした。
ロンドン行きということもあり、BFタイプだったのだと思います。
変換プラグは機内持ち込み必須です!

天井に星空が!

就寝の時間帯になると、天井に星空が現れます。
うっすらと天井に星がライトアップされているのがわかりますか?
こういった演出がされている航空機は初めてでした。
とても粋ですよね。

エミレーツ航空CAの制服

アラビアンなハットが上品なエミレーツ航空の制服です。
とっても素敵でした!
私が乗ったのは動画で紹介しているファーストクラスではなくて、エコノミークラスですけどね(笑)

質の高い機内食

夕食

チキンをオーダーしました。

メニューは、チキンのトマト煮とポテト添え、サラダ、パン、チョコレートケーキでした。

まず、お皿が使い捨てではなくしっかりとしたもので驚きました!
機内食というより、レストランに行ったかのようです。
ナイフとフォークももちろん金属製のものでした。

味もとても美味しかったです!
予想以上に美味しかったのが、チョコレートケーキです。
ラズベリーソースがかかっていて、甘酸っぱさとチョコの甘さがちょうど良くて、とても美味しかったです。

朝食

朝食はおかゆでした。
おかゆ、フルーツの盛り合わせ、ヨーグルト、パンがメニューでした。

機内食の朝食で初めておかゆを食べたのですが、あっさりしててとてもよかったです。

スポンサーリンク

広いドバイ空港でトランジット

ドバイ空港はとても広かったです。

トランジットのために端まで歩いて、連絡バスに乗り、別のターミナルに移動する必要がありました。
ドバイ空港のトランジットは余裕を持ったほうがいいです。

ドバイらしく、ラクダの置物がありました。

無事、次の搭乗口までたどり着くことができました。
窓にも模様がプリントしてあってお洒落!

短時間フライトでも食事が出た

ドバイ空港からロンドンのヒースロー空港まで、4時間のフライトでしたが、機内食が出ました。
まず、チキンたっぷりのヌードルが出ました。

そのあと、ハムとチーズをまいたパニーニの軽食も出ました。

そうこうしているうちに、ロンドンヒースロー空港に到着しました。

スポンサーリンク

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA