【海外旅行】オフラインでGoogle mapに位置情報を表示する方法。もう迷わない!!

海外旅行でWIFIルーターをレンタルする場合、データ量って限られてます。ぜひ、この方法を使ってもらいたいです!またはレンタルせずにフリーWIFIだけですんでしまうかも…。私は使った分だけ請求されるワールド携帯なので、通信量をおさえるようにしてます。

 

1 旅行前にお気に入り登録とオフラインマップをダウンロードしておく

まず、訪れたい場所をお気に入り登録しておいてください。すると、マップ上に☆印が示され、範囲を指定しやすいです。私の場合は、空港から旅程先がおさまるように範囲選択します。もし、遠方にもいく場合、すべての旅程先がおさまらないと思います。その場合は複数ダウンロードしておけば大丈夫です。

   

①オフラインマップ選択

②自分の地図を選択

③「空港からパリ中心部」と「パリからモンサンミッシェル」

※注意:私はダウンロードし忘れ、慌てて空港のwifiでしたことがあります。低速でとても時間がかかるので、事前にしておきましょう。

 

2 出発当日、現地空港~宿泊先までの経路検索をし、そのままにしておく

空港から宿泊先までタクシーを手配せずに、自力で電車やバスで宿泊先まで行く場合に必要です。

空港からの市内直結バスが検索結果に出なかったので、バス下車場所⇒ホテルを検索しました。

   

><をタップし全駅表示しておきます。オフラインでタップしても展開できません。

 

スポンサードリンク

3 飛行機に乗る前に、ネットワークの設定をする

機内モードON、モバイルネットワークOFFにします。

国外にいったときにデータローミングが使われてしまい、通信料が高額になってしまうことがないように設定します。

モバイルセットワークの設定

「設定」⇒「その他の設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「モバイルデータ通信」のチェックを外す(XPERIAの場合)

「データローミング」にもチェックが外れていることを確認します。

 

4 現地空港に到着したら、ネットワークの再設定をする

WIFIをON、位置情報をONにします。

※機内モードON、モバイルネットワークOFFのまま

レンタルWIFIをONにし接続する。データ通信されるとマップ上に水色の点(位置情報)が表示されます。灰色の点の場合は、データ通信されていおらず、正しい位置情報ではありません。

マップ上の水色の点をたよりに歩けば、迷いません。

※メトロやバスに乗った際も、位置表示がきちんと動くのでアナウンスが聞き取れなくても、自分が下りる駅がいつかわかります!また、反対方向に乗ってしまった時も、すぐに気がつくことができます◎

位置情報がすぐに使えなくて大丈夫なように、ホテルまでの経路をスクリーンショットしておき、ストリートビューで道の様子を予習しておきましょう!空港で無駄な時間を過ごしてしまうのは、もったいないのです(^^) ホテルについてから、ゆっくり設定しましょう♪

 

スポンサードリンク

5 お気に入りで登録したところをめぐる!めぐる!

私の旅程は、ほんとうに大雑把です。

先日いったパリを例にあげると、2日目「自転車で巡るパリ市内観光ツアー」と4日目「モンサンミッシェルツアー」しか書いていません(笑)でも、残りの3日間もばっちりとパリでいきたかった観光定番をおさえています。

それは、お気に入りを事前に登録しておくと、効率よくめぐることができるからです。

ホテルのフリーWIFIを使って、絶対に行きたいところを経路検索して、その観光が終わったら周囲のスターをめぐっていけばいいので、まったく頭を使いません!

 

  ② 

①ベルサイユ宮殿にいこう♪

②現在地に近いスターで行先を決める。次は、ノートルダム寺院にいこう♪

 

残念なことに、日本ではこの技は使えません。日本のオフラインマップをダウンロードできないからです。(H29.10.26現在)

でも、日本ではいつもオンラインなので、影響ないですもんね。

海外旅行でぜひぜひ試してみてください♪

 この記事もぜひ読んでいただきたいです。

▣人気記事▣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です