【書評】筋トレ嫌いが「尻トレが最強のキレイをつくる」を読んで一ヶ月筋トレを実践してみた結果!

私、筋トレが嫌いでした。
はじめる前まで「なぜ、あんな辛いことをあえてやるのか?別にそこまでして痩せなくていいし…。」と思っていたほどです。

はい‥私ひねくれものです(笑)

スポンサーリンク

筋トレ嫌いだった

思い返せば、中学の時に雨が降ると陸上部は部活が休みになっていたので、
「ぜったい高校では陸上部に入る!」そう思い、高校では念願の陸上部に入部しました。(動機が不純すぎる)
そしたらなんと、雨だと校舎内で地獄の筋トレが待っていたんです…。終わった‥。
何度も退部しようかと迷いましたが、いい仲間に出会えたので3年間なんとか部活を続けることができました。
ですが、3年生の引退時に「二度と筋トレなんてするものか!」と心に決めました。

そんな私がなんと一ヶ月間筋トレを続けることができたんです!

最初はランニングから始めたが続かなかった

学生時代は運動部だったものの、社会人になってから全く運動しなくなりました。
自分の体型に自信があったわけではなく、
日々の仕事の疲れをいやすために「時間があれば寝ていたい!」という欲求が勝っていました。

そんな中、残業が続き仕事のストレスがマックスになった時に、線維筋痛症という全身の筋痛をともなう病気を発症してしまいました。
筋肉が痛すぎて運動なんて考えられませんでした。毎日をおくるので精一杯。
でも、その病気のおかげで自分のからだを見つめ直すきっかけとなりました。

病気の治療がはじまってから1年後、やっと筋肉の痛みが取れてきて”ふつうに”体を動かせる喜びを感じました。
信号が赤になりそうなとき、痛みがなく交差点を駆け抜けられたときの喜びといったら!(余裕を持ちましょうと自分にツッコミ)
なんだか走りたくなって、すぐにランニングシューズを買ってランニングをはじめました。

でも、ランニングって外でやるものだから、

・知り合いに会うかもしれないから、化粧しなきゃかな…。
・今日雨降っちゃったじゃん!
・夜遅いからもう外出るのあぶないかな?

などなど、いろいろと妨げがあったり条件が整わないと走れないので、続ける難しさを感じていました。
そんなある日、書店に寄った際に、なにげなくこの「尻トレ本」が目に入りました。

「筋トレか‥。これなら家の中でできるもんな‥。やってみるかな…。」
ノリノリで走り出しても途中で痛みが生じ、帰りが地獄になることが多々あったため、
筋トレは”自分のペースでできる”ところにも魅力的に感じました。

スポンサーリンク

「尻トレが最強のキレイをつくる」の内容

この本の著者であるテストステロン氏の代表作「筋トレが最強のソリューションである」も読んだことがあります。
日々の悩みは筋トレですべて解決できるということが書かれており、いわば自己啓発要素が高いです。
こちらの「尻トレが最強のキレイをつくる」は女性向けの筋トレ本として書かれたそうですが、
筋トレを何をどのようにどのくらい実践すればよいか写真をふんだんに使いわかりやすく解説されています。
こちらの方が筋トレ実践用です!
筋トレをはじめたい!そう思う人は「尻トレが最強のキレイをつくる」をつよくおすすめします!

1 こころを超回復させるパワーワード

導入部分には「筋トレが最強のソリューションである」の内容をぎゅっと凝縮されたようなパワーワードが36ワードも書かれています。
女性の日々の悩みは筋トレですべて解決できる理由をずばっとテストステロン氏が解説してくださいます。
一部女性向けの内容もありますが、対人関係やこころの悩みは男女ともに共通する悩みなので、
男性が読んでも参考になることばかりです。

2 尻トレ実践

なぜ尻トレにこだわるのか?
お尻の筋肉は、体全体でみると一番大きな筋肉なので、筋トレの効果が出やすいそうです。
大きな筋肉を鍛えると身体の代謝がぐっと上がるので、ダイエットにも効果的ということと、
スタイルを良く見せるためにも「尻トレ」が重要だからです。

「尻トレ」と書いてあるので「お尻の筋トレしか書かれていないのでは?」と最初思いましたが、
全身の筋肉をきれいに鍛えるための筋トレプログラムが解説されています。

尻トレは、3日間で1セット、1日オフをはさんで、繰り返し行います。
1日目は上半身+お尻、2日目は下半身+お尻、3日目はお尻を重点的に鍛えます。
1日目、2日目、3日目のトレーニングは、それぞれ目的にあわせて、複数のプログラムを用意しています。

そう!3日頑張れば1日お休みがあるんです!
毎日続けなければいけないと思っていたので、「私にもできるかも!」という気にさせました。
この1日の休みはちゃんと意味があります。3日間の筋トレで疲労した筋肉を修復させ増やすために必要なんです。

本の中は写真やポップな絵が多くて、筋トレ初心者にとっては情報の量がちょうどいいです!
それぞれのプログラムは、下記の写真のようにまず「どこの筋肉を鍛えるのか」ということが赤く塗られていてとってもわかりやすいです!

また、QRコードがあり筋トレのやり方が動画でも確認することができます。
違う動きをしていたら意味がないので、一度動画でも確認するときちんと効果的な筋トレを行うことができます。

私は、ジムにも通ったことがありますが、何をどのくらいすればいいのか教えてくれませんでした。
課金をすればパーソナルトレーナーがつきますが、ジムに通う月会費だけで8000円ほどかかるのでとても課金をする気になりませんでした。
この「尻トレが最強のキレイをつくる」(1300円+税)を買えばジムいらずです!
要は、自分がやるかやらないかなんですよね。

3 美尻をつくる”食事”

コンビニ食事で美尻をつくる1週間のプログラムが写真つきで解説されています。
三大栄養素「タンパク質」「脂質」「炭水化物」をバランス良く摂取するためのコツがわかります。

食事のページを読む前に、筋トレをしたらサラダチキンが無性に食べたくなっていました。
そしたら、おすすめのコンビニ食事が「サラダチキン」押しだったので、びっくりしました。
からだって必要な栄養素を求めるんだなと。

サラダチキンとアボカドのサラダ

 

朝食と筋トレの後にプロテインを飲んでいます。
プロテインを飲んでもすぐにマッチョにはなりませんので、ご安心を。
うっすら引き締まったかな?と思うぐらいです。
タンパク質を摂取したからか髪がきれいになったのが意外な効果で嬉しかったです。

初心者はジムではなく自宅で尻トレ!

私、ジムにも通ったことがあります。
あんまり運動しなくても、ジムに行っただけで「運動した!」という気分になってしまうんですよね。
実際、ジムに通っている人でメリハリボディの人って少なかったです…。

テレビ見ながら適当にエアロバイク漕いでいるだけじゃ、いつまでたっても痩せません。
会費がもったいない!

筋トレ初心者はジムに行かずに、まず「尻トレが最強のキレイをつくる」をやりましょう!

筋トレを一ヶ月続けた結果

階段を一段飛ばしであがっても息が上がらなくなった!

肌艶がよくなった!

姿勢が良くなった!

お腹が引き締まり、鏡で腹筋を毎日確認したくなる筋肉オタクになった(笑)

なんだか、「自分はできる!」という自信がわいてきた!

私が感じた一ヶ月の効果は、こんな感じです。

最初はプログラムをこなすのがつらかったんでが2週目からどんどん楽になっていきます。
一ヶ月続けられると「筋トレしないとなんか物足りない。」と思うくらい筋トレが好きになります。
結果、きれいになります!(まだ人から言われていないのでこれは自己満足(笑))

スポンサーリンク

ay

海外一人旅とライフハックが大好きなアラサー女のブログです。 モットーは「こころのままに生きてみる」です。線維筋痛症闘病中です。 ※記事更新時に、Twitterでつぶやきます。ぜひフォローをお願いします。

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA