OsmoPocketのクリップマウントはPGYTECHがおすすめ!手ぶらと自撮りを両立!金属製でかっこいい!画面を見ながら撮影できる!

OsmoPocketのクリップマウントはPGYTECHがおすすめ!手ぶらと自撮りを両立!しかも金属製でかっこいい!

驚くほど小さいのに3軸メカニカルジンバルのおかげで、とってもスムーズに動画をとることができるOsmo Pocket。
旅行時にはできるだけ荷物を少なくしたい私にとっては、たいへん助かるアイテムの一つです。

手ぶらで撮影できる「クリップマウント」を購入したら、もっと身軽に動画を撮影できるようになりました。

Osmo Pocketのクリップマウントは、たくさんあってとても迷ったのですが、私がPGYTECHのクリップマウントに決めた理由をご紹介します。

スポンサードリンク

金属製でしっかり固定できる!

よくあるクリップマウントって、黒いプラスチック製で、少しちゃっちいな…と思ってしまいまして。

そこで金属製のクリップマウントを探したら、意外とない…。
このPGYTECHのクリップマウントは、表面が金属製でかっこよくて良い感じです!

Osmo PocketのPGYTECH製のクリップマウントを使ってみた

バックの厚さに合わせて、三段階にはさむ強さを変えることができます。
他の商品のクリップマウントだと、「クリップが外れてしまう」というレビューをみましたが、PGYTECHのクリップマウントはそんな心配はありません。
しっかりとバックの肩ひもに固定できます!

Osmo PocketのPGYTECH製のクリップマウントは3段階にはさむ強さを変えられる

角度を調整可能!見ながら撮影ができる!

ちょうど画面が見れる位置に、Osmo Pocketの角度を調整できるので撮影を失敗をすることがありません。

また、円形部分が360度動かせるので、左右もスマートに調整することができます。
一般のクリップだと二重になっているクリップが部分が回って角度を調整する仕様が多く、すこし不格好になってしまいます。
しかし、こちらは円形部分が回るのでスマートに角度調整をすることができます。

Osmo PocketのPGYTECH製のクリップマウントは画面が見れる

スポンサードリンク

クリップマウントに固定するためのユニバーサルマウント

PGYTECHのクリップマウントだけでは、固定できないのでこちらも購入しました。 

Osmo Pocket単体では、三脚などに固定できる穴やアクセサリーを取り付けられるユニバーサルマウントが付いていないんです。
なので、できるだけコンパクトな商品を選び抜いた結果、この商品を探し出しました!

こちらスマートフォン接続の際に使うアダプター部分に取り付けるユニバーサルマウントなんです!
なのでしっかりと固定できて、着脱も簡単!
私の希望通りの商品でした。

Osmo Pocketのユニバーサルマウントで多いのが、本体を覆うタイプが多かったのです。
覆うタイプだと、自撮りしたいと思ったときに簡単に外せないのが嫌でした。
撮りたい時に撮りたい(取りたい)ですよね!

私はクリップマウントから外して撮影もしたいので、簡単に着脱できるタイプのユニバーサルマウントがほしかったので、こちらを選びました。

本体の底部分を挿入するタイプも多いですが、すっぽりと抜けてしまう可能性があると思ったので、このアダプター

おすすめの液晶画面保護シール

Osmo Pocketには付属のケースがついているのですが、私はいちいち収納するのがめんどくさくて使っていません。

ポケットにひょいと入れてアクティブに使いたかったので、液晶画面保護シールを貼りました!

この商品は、メイン画面とレンズ部分の各2枚入っているので、すぐに交換できます。
1枚ずつで同じくらいの金額の商品もあるので、お得すぎて心配だったのですが、大きさもぴったりで問題ありませんでした!

また、ガラス製なので透過率が良く、映りが綺麗です!
百均の保護シールを切って試したのですが、曇ってしまってまったく使い物になりませんでした。
ケチらず購入して良かったです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

良く読まれている記事

最新記事

更新情報メール登録

購読管理ページへのリンクは、メーリングリストの購読者だけが利用できます。
Follow me♪

ay

海外一人旅とライフハックが大好きなアラサー女のブログです。 モットーは「こころのままに生きてみる」です。線維筋痛症闘病中です。
※記事更新時に、Twitterでつぶやきます。ぜひフォローをお願いします。
Follow me♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA