【バルセロナ】ガウディ建築のカサ・バトリョに行ってきた!入場方法から内部までレポートします。

ガウディが繊維会社を経営していたバトリョ家の邸宅を改装した「カサ・バトリョ」。
2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。

そんなカサ・バトリョに行ってきましたのでレポートします。

スポンサーリンク

チケット購入方法

公式サイトからチケットを事前に購入しました。

私はチケットの種類が「VISIT CASA BATLLO」で、グレードは「BLUE」の一般的なチケットを公式サイトで事前購入しました。

チケットの種類

「VISIT CASA BATLLO」は、入場時間が指定されるチケットですが、日本語のオーディオガイドも付いてきます。

その他のチケットの種類として「BE THE FIRST」は、開館前に入れるチケットです。
「THETRICAL VISIT」は、ガウディと一緒に回れるツアーです。

カサ・バトリョのチケットの種類

チケットのグレード

グレードは、「BLUE」「SILVER]「GOLD PRIORITY」の3種類ありますが、一番グレードが低い「BLUE」で問題なかったです。
入場時間が決まっているので入場時間の15分前くらいに列に並びスムーズに入場することができました。

「SILVER」以上になると入場の指定時間がなくなり、開館中なら何時に来ても入場できます。

カサ・バトリョのチケットのグレードの違い

入場方法

チケットのグレードごとにレーン分けがされているので、自分が購入したチケットのグレードを良く確認して並びます。

指定時間の15分前に着いたのですが、やはり大人気なカサ・バトリョ。
事前購入でもすでに大行列ができていました。

当日券の購入の場合は、違う列に並びます。入場制限があるので、当日券で入場するのは難しそうだなと思いました。

カサ・バトリョの外観

スポンサーリンク

カサ・バトリョの内部

玄関ホール

海をイメージされて造られたカサ・バトリョ。
玄関ホールの壁には亀の甲羅や魚のうろこのような模様がありました。

手すりも曲線で波打っているよう。

カサ・バトリョの玄関ホール

中央サロン

中央サロンに入ります。
カサ・バトリョの中央サロン

中央サロンは、水玉模様の彩色ガラスの窓が美しかったです。

オーディオガイドをかざすと3D映像が流れ、音声以外に視覚からもカサ・バトリョについて知ることができます。
皆さんオーディオガイドの3D映像に夢中でした。カサ・バトリョの中央サロン

水玉のステンドガラスから優しい光が入り込む。
カサ・バトリョの中央サロンの水玉のステンドグラス

壁面を工事中のため、窓からグラシア通りを見下ろすことはできませんでした。
でも、すぐ目の前で補修作業をしている様子をみることができて、貴重な体験でした。カサ・バトリョの壁面が工事中

カサ・バトリョの完成図。
カサ・バトリョの完成図

中央の吹き抜けは、光の反射を考えて色彩がほどこされています。
光が一番入りやすい最上階は色が濃く、最下階にいくほど色が薄くなり白に近づいていきます。
カサ・バトリョの吹き抜け
カサ・バトリョの吹き抜け

屋上テラス

屋上テラスに向かうために登る階段です。
白い砂浜にいるような色合いが美しく、曲線が美しかったです。
カサ・バトリョの屋上テラスに向かう階段

屋上は色鮮やかなタイルがほどこされたユニークな形の煙突がありました。
青空に映えます。
カサ・バトリョの屋上テラス

階段を下がっていきます。
カサ・バトリョの屋上テラスから降りる

最下階からみた吹き抜け

最下階の白いタイルも美しく、また最下階なのに明るいのが不思議でした。
ガウディが色の反射まで考えて造られた効果だなと感じました。
最下階からみた吹き抜け

カサ・バトリョのお土産

中央サロンの水玉のステンドグラスをイメージしてつくられたポーチを購入しました。
5.2€(約650円)でした。
小さくて使い勝手が良く、何より記念になるので買って良かったです!

所要時間

入場してから退場するまで、お土産を選ぶ時間も合わせて約1時間の滞在でした。
実際は45分ほどです。もう少し時間がかかったかと思ったら、そうでもなかったことに驚きです!

オーディオを聞きながら、写真を撮りながらだったので、特に急いだわけではありません。
もしかしたら、3D映像ガイドをもっと活用していたら、もう少し時間がかかるかと思います。
ご参考までに。

スポンサーリンク

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA