【アクアリウム】自動給水器「水足しくん」が夏に大活躍!自動で水槽に水を足してくれる!

夏場はいつの間にか、水槽の水が減ってしまいますよね!
水槽の温度を下げるためのファンを回すと尚更です。

そんな時に便利なものを見つけました!
ペットボトルで自動給水器の「水足しくん」です。

スポンサーリンク

水足しくんの仕組み

水を入れたペットボトルを水足しくんにセットすると、水槽の水が蒸発した時に自動で給水するという仕組みです。
なので、水槽の水に接するホースの長さは、好みの水位に合わせて斜めにカットする必要があります。

私は水槽の水位が高い方が好みだったので、可能な限り短くホースを切りました。

ニッソー水足しくんの仕組み

水足しくんを組み立てる

まず水足しくんをセットする前に、細かい部品を組み立てる必要があります。
とはいっても、付属のねじを取り付けたり、ホースを取り付けるだけなので、簡単に組み立てられます。

組み立て終わったのが下記の画像の状態です。

先端のホースは先に書いたように、お好みの水位に合わせてカットしたものを取り付けます。
ニッソー水足しくんを組み立てる

上から見た様子です。
水槽に固定するためのネジを4つ取り付けました。

ニッソー水足しくんを組み立てる

水を入れたペットボトルに専用のキャップを取り付けます。
黒いリングのスポンジは少し水で湿らせてから取り付けます。

ニッソー水足しくんを組み立てる

水足しくんを設置する水槽の角に、滑り止めのテープを貼り付けます。

ニッソー水足しくんを組み立てる

スポンサーリンク

水足しくんを設置する

水足しくんを設置します。
ネジを回して水槽に固定します。

ニッソー水足しくんを設置する

ペットボトルを水足しくんにセットします。
キャップが奥にセットされるようにします。

水が出ない場合

水が出ない場合は、キャップがきちんと奥にいっていないことが多いです。

奥にいかないのは、キャップと水足しくんの凹凸が合っていないと水が出ません。
きちんと凹凸が合うように注意して差し込みましょう。

ニッソー水足しくんを設置する

ペットボトルをセットして完成です!
これで自動的に水を足してくれます。

ペットボトルの水が無くなったら水を入れる必要がありますが、毎日する必要はないので楽です。
※ペットボトルの最大容量は1ℓなのですが、1.5ℓのペットボトルしかなかったので三分の二の水を入れています。

ニッソー水足しくんを設置する

スポンサーリンク

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA