【100均】簡単!ケージカバーを10分で作る方法。簡単なのにエサの飛び散りをしっかり防止。

鳥かごカバー

インコを飼っていて困るのがエサの飛び散りです。

けっこう豪快につつくので、むき殻が鳥かごの外に飛び散るんです…。

おまけに水浴びなんかしてしまった日には…床がびちょびちょ。。。

これはどうにかしなければ…そこで、百均のテーブルクロスでつくってみました!

スポンサードリンク

参考にしたのは、クアリスの坊散ガード

全面を覆うカバーだと1500円位するんですが、こちらの商品は下半分しか覆わないタイプなので300円弱とお安いです。
最初は購入しようと思っていたのですが、作ったほうが早かったので、作っちゃいました。

用意するもの

・百均のテーブルクロス(透明)※

・両面テープ

・ハサミ

※テーブルクロスはダイソーで購入しました

ダイソーのテーブルクロス

スポンサードリンク

ケージカバーの作り方

①鳥かごの側面を覆う大きさにカットします。両端は写真のように、コの字に切り込みを入れます。

テーブルクロスを切ったところ

②コの字にカットした両端をケージの隙間に差し込みます。カットした両端をケージに差し込む

③両面テープで貼りつけます。
テーブルクロスに両面テープを貼りつける

④もう片方の端も両面テープで同様に貼りつけます。
テーブルクロスをセットし完成

⑤ケージの左側も覆うように①~④をして、完成です!
テーブルクロスで防塵カバーの完成

透明なテーブルクロスなので、カバーをしたのが全く目立ちません◎

ケージカバーを下半分だけにした理由

作成したのが冬のため保温用のヒーターをケージ内に設置していました。

カバーで全面覆ってしまうとケージ内の温度が高くなってしまうことを心配したんです。

下半分だと飛び散りを予防できないかも…と迷いましたが、半分だけでもじゅうぶん防塵できていたので満足です。

 

スポンサードリンク

ケージカバーの効果

以前は掃除機で毎回鳥かごの周りを念入りにかけていたのですが、エサの飛び散りがなくなり掃除が楽になりました◎

インコは相変わらず豪快にエサを突っつくのですが、殻は外には飛び散らず、ケージ内にたまるようになったからです。

水浴びをしても、水滴が壁に着くことがなくなりました!

 

まとめ

100均のテーブルクロスでとっても簡単にケージカバーができました。

簡単過ぎて10分もかからなかったです!

毎日の掃除がとっても楽になるので、おすすめです◎

スポンサードリンク

▣人気記事▣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です