【超朝活】帰宅後すぐ寝て朝2時に起きたら何でもできる!仕事で精一杯のあなたに伝えたい超朝活のメリット!

毎日、家と職場の往復だけの日々…。
「私、何をしているんだろう…。」
最近までそんな風に毎日をむなしく過ごしていました。

そんな私でしたが、最近は「やりたかったこと」が毎日できていい気分も上がってきました!

朝2時に起きるという「超朝活」をはじめてから、良い方向に動きだしたんです!!
超朝活の暮らし方についてまとめます。

スポンサーリンク

以前は夜型人間だった

私以前までは、完全に夜型生活でした。
残業が多い部署でなおかつ人間関係も悪いという最悪な職場環境だったので、帰宅後くたくたで何もできませんでした。
帰宅は夜の9時頃が多く、夕飯を作って食べたらもう一日が終わってしまうという日々でした。

夜型のライフスタイル

したいことがあっても頭が回らず、夕飯を食べてからはだらだらと過ごしてしまい。
明日が来てほしくないため深夜までだらだら起きてしまった日も多くありました。

朝活をはじめたが失敗した

これではいけないと一念発起し、朝5時に起きる「朝活」をしてみました。
が、失敗に終わりました…。

朝型のライフスタイル

結局22~24時まで夜の自由時間は、仕事の疲れのせいで何もできず。電気をつけたまま寝てしまうこともありました。
夜の自由時間を有意義に過ごせても、疲れが残ってしまっているせいか早朝5時に起きることは不可能でした。

5時に起きれても、「たったの2時間か…。」と思って二度寝してしまうこともありました。

たとえ、朝活が成功しても2時間ずつの細切れの時間しか自由時間を過ごせません。なんだか非効率に感じました。
最低4時間以上、長時間にわたって集中できる時間が欲しかったんです!

スポンサーリンク

超朝活をはじめたら人生うまく回り始めた!

「仕事で疲れて何もできないなら寝てしまえ!」
そう思ってから楽に生活できるようになりました。今までは頑張りすぎていたのかも。

仕事から帰って来て夕飯とお風呂をすませてから寝るのが理想ですが、頭痛がしたり体が重くてしょうがないときは割り切って寝てしまいました。
朝にちゃんとお風呂に入れば問題なし!
世間一般からみたら非常識かもしれませんが、「自分が一番大事」をモットーに暮らすと楽になりますよ。

最初は帰宅後にすぐに寝るという罪悪感があるかもしれませんし、超朝生活に体が慣れず2時に起床できないかもしれません。
でも、1週間は続けてみてください。
充分な睡眠を取れば、体が慣れて自然と2時に起きれるようになります!

そして、集中して4時間以上やりたいことができたら、充実感で満たされ、その日一日を気分良く過ごせますよ。
まさに毎日皆より一歩先を行く暮らし方です!

皆さんが私と全くおなじライフスタイル(出社や退社時間等)ではないと思いますが、参考としてみて頂ければと思います。

夜9時に帰宅の場合

残業して夜9時に帰宅しても、超朝活なら4時間のまとまった自由時間が得られます。

4時間って結構長くていいですよ!
だって8時出社だったら12時のお昼までの時間と一緒です。

超朝型のライフスタイルと睡眠時間

夜7時に帰宅の場合

夜7時に帰宅なら、さらに自由時間増えて5時間になります。
2時起きが無理なくできる6時間の睡眠時間を確保できます。

5時間あったら何ができますか?
考えるだけでワクワクしますよね♪

割り切れるとこは割り切ろう!例えば食事

以前までは自炊を頑張っていました。なので夕飯を食べる前に疲れてしまっていました。

ある日、自炊だと色々やることが多すぎてコスパが悪いことに気づいたんです。
食材の調達から、献立を考えて、調理して、余ったらタッパに詰めて…などなど色んなことを考えないといけませんよね。

「でも、自炊の方が安く済むよ!」と思っている方、ぜひ自炊とお惣菜の食事の金額の差を計算してみてください。

大して変わらないと思います。一人暮らしならなおさら。

お惣菜などで楽に食事を済ませられるなら、自分を許して楽させてあげましょう!

自炊が大好きな人はそれを続けるのが一番だと思いますが、
「まず体を休ませたい」と思っている人は「いかに自分を楽させてあげるか」を第一優先にしましょう!

職場の環境が悪かったら人事に相談してみよう

最初に話したように、以前の職場環境は最悪でした。
その結果、線維筋痛症という病気を発症してしまいました。
病気になってしまうと体がいうことをききません。その時に超朝活を試したこともありましたが、続きませんでした。
というか、日々を暮らすので精一杯。仕事が終わって帰宅したら泥のように寝ていました。

職場の先輩に相談して人事に相談した結果、次年度に異動となり良い職場環境の部署に移ることができました。

職場環境を変えたいと思って転職活動をしたこともありましたが、大変なリスクがあります。
新しい会社で良い職環境かは、入社しないとわかりませんし。
「他の部署ならやっていけるかも」と少しでも思ったら、転職ではなくまず人事に相談してみましょう。

超朝活のきっかけになった本

私が超朝活を始めたきっかけは、こちらの本を読んだのがきっかけです。

お母さんでありながら、朝2時起床で翻訳者になるための勉強をはじめ、実際に翻訳者になれた方の実体験が書かれています。
朝5時起床の本はたくさんありますが、ここまで早い起床時間の本はめずらしかったので手に取りました。

たしかに「朝2時起きでなんでもできる!」と私も今体験しています。

 

スポンサーリンク

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA