ホッカイロより暖かくて持続性があるハクキンカイロが冬に手放せない!使い方について!

ハクキンカイロはなんと90年以上前から存在する冬を快適に過ごすための優れものです!
暖かさはホッカイロの10倍以上と言われています。

温かい缶コーヒーって持っているだけで、体中ほかほかしますよね?
そんなじんわりとした温かさが心地良いんです!

スポンサーリンク

ハクキンカイロの発熱の仕組み

ハクキンカイロの名前の「ハクキン」とはプラチナのことです。
これは、ハクキンカイロの発熱原理が「プラチナ触媒」ということから来ています。

ホッカイロは、鉄が空気中の酸素と結びつき、酸化鉄になる際の熱が利用されています。

一方ハクキンカイロは、燃料となる炭化水素のベンジンという液体が気化する際、ハクキンカイロにあるプラチナ触媒のおかげで酸化(炭酸ガスと水に分解)されます。分解する際に発する熱を利用したのがハクキンカイロの発熱する仕組みとなっています。触媒作用の熱なので、炎が出るわけではありません。

ハクキンカイロのサイズは、スタンダード、ジャイアント、ミニの3種類あります。
私が持っているのはミニサイズです。

ハクキンカイロを持つ

直接持つと熱いので、付属の袋に入れて使います。

ハクキンカイロを付属の袋に入れる

ホッカイロより暖かくて持続する

ホッカイロの暖かさが持続するのは、10時間程度ですが、ハクキンカイロは一日持ちます。
しかも、ホッカイロのように徐々に暖かさが無くなっていくのではなく、ハクキンカイロはずっど暖かいです。

スポンサーリンク

ハクキンカイロの使い方

①ハクキンカイロ用のベンジンを備え付けのカップで量って入れます。

ハクキンカイロにカップで分量を量ったベンジンを入れる

カップを垂直に回すとベンジンが注入される仕組みになっています。

ハクキンカイロにカップで分量を量ったベンジンを入れる

③火口部分にチャッカマンで火を付けます。
この時ろうそくのように火がともるわけではありません。
チャッカマンで火をつけたあと、頬を近づけて暖かくなっていれば大丈夫です。

ハクキンカイロの火口にチャッカマンで火をつける

ハクキンカイロの火口
ハクキンカイロの火口にチャッカマンで火をつける
④付属の袋に入れて完成です!

ハクキンカイロを付属の袋に入れる

背中や腰にハクキンカイロを当てたい時に重宝するもの

ホッカイロのように衣服に貼ることができないので、カイロベルトを使って背中や腰に固定することができます。
よく肌色のベルトが売られていますが、冬は黒い服を着ることが多いので、こちらの黒いベルトがおすすめです!

カイロベルトにハクキンカイロを入れます。

ハクキンカイロをカイロベルトに入れる

端がマジックテープになっているので調整可能です。

カイロベルトに入れたハクキンカイロを背中や腰に固定する

このようにハクキンカイロを背中に当てることができます。
じんわりとした暖かさで体中一気に暖かくなります。
遠赤外線を当てているような心地よさです!

カイロベルトに入れたハクキンカイロを背中や腰に固定する

スポンサーリンク

良く読まれている記事

最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA