朝起きれない人へ、プログラムタイマーを間接照明につけて光目覚まし時計にしたら効果抜群ですよ!

間接照明で光目覚まし時計

窓に防犯シャッターがあるアパートに住んだことがあります。

防犯シャッターを閉めてしまうと日光が入らないので、真っ暗の中起床しなければいけませんでした。

朝なのに光が入らないので、まったく目が覚めず起きられませんでした…。ねむい‥。

遮光カーテンでも同じように困っている人がいるのではないでしょうか?

そこで、「日光が入らないのなら、電気の光をつけてしまおう」とのコンセプトのもと、

プログラムタイマーを間接照明につけて光目覚まし時計にしてみました。

  • 朝なのに光が入らず暗い部屋
  • 間接照明がついて明るい部屋

 

スポンサードリンク

既製品の光目覚まし時計はどんなもの?

最初はこちらの光目覚まし時計を買おうと思っていました。

でも、570円(購入時)のプログラムタイマーを購入すれば、手持ちの間接照明が光目覚まし時計になることを思いつき、購入しませんでした。

間接照明を光目覚まし時計にする方法

間接照明にプログラムタイマーをとりつけるだけです。

以上‥シンプルすぎますね(笑)

でも、光目覚ましと全く同じように使えます!(本物を使ったことがないのですが、たぶん…本質の機能は同じ!)

 

間接照明にプラグラムタイマーを取り付けた

  • プログラムタイマーの使い方

点灯させたい時間帯を24時間自由に設定できます。駒を押し下げるだけというアナログな設定がとても使いやすい!

  • 設定時間になるとプログラムタイマーのランプが点灯する
  • プログラムタイマーの正面の駒を押し下げる

駒を押し下げるとオレンジのラインがみえるので、設定時間が確認しやすいです。

プログラムタイマーの下部に間接照明のプラグを差し込み、本体をコンセントに差し込みます。

設定時間になるとプログラムタイマーのランプが点灯するので、通電を確認できます。

プログラムタイマーの側面に切り替えスイッチがある

また、タイマーで点灯時間を設定している時間帯に関係なく、常時点灯してほしいときは、側面のスイッチで切り替えることができます。

  • 間接照明の電球は光の色にこだわってみる

電球の光の色は、大きく分けて3種類あります。

青白い光の「昼光色」、太陽光に近い「昼白光」、オレンジ色が強めの「電球光」です。

もし迷ったら、太陽光に近い「昼白光」かオレンジ色が強めの「電球光」をおすすめします。

私は目に優しく光が入る感じがするので「電球光」が好きです。

私が使っている間接照明は、ボール型ランプに北欧テイストのランプシェードを無理やり取り付けたものです(笑)

スポンサードリンク

光目覚まし時計の設定時間について

私は、音の目覚まし時計で設定している時間より、30分早く照明がつくようにしています。

そうすると起きたい時間より少し前に、光りが目に入るので目覚めやすくなります。

目覚まし時計の音でむりやり起こされているのではなく、自然と気持ちよく起きれるので気分がいいですよ。

そして、私は目覚まし時計の音にもこだわって、海外ラジオの音で起きています。

もし興味があれば、こちらの記事でまとめましたのでぜひぜひ読んでほしいです。

光目覚まし時計の効果

朝目覚めの時間に、部屋が明るいと気分が違います!

「朝だ!」と体がシャキンと目覚めるためには、やはり日光が必要なんですね!

ちょっとした工夫で一日のスタートを気持ち良くきれるようになるので、光目覚まし時計おすすめです。

こちらの記事もおすすめです。

 

▣人気記事▣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です